東京・神奈川・千葉の消防手続はいつでもお気軽にご相談ください!
☆消防計画のご相談は『全国』対応中です!

消防手続サポートセンター

運営:菅原智也行政書士事務所

☎045-390-0992

📱070-4800-8655

【営業時間】平日)9時~18時

ホーム > 火災予防ガイド> 用途判定とは

用途判定とは

 用途等とは、消防法施行令別表第1(以下「別表第1」という。)の表に掲げる区分のことを言います。別表第1には、劇場、映画館、飲食店、物品販売店、学校、図書館、事務所などがあり、それぞれ『〇項』という表現をします(飲食店=「3項ロ」)。使用形態がこの別表第1のどの区分に当たるのかで求められる消防用設備等(消火器など)や防火管理者などが変わります。そのため、どの区分に当たるのかを確認することは非常に大切なことであり、この判断を間違えると想定していなかった消防用設備等が必要になったりするので慎重に考える必要があります。

 基本的にはこの別表第1を確認すればいいのですが、あくまで例示程度なので使用形態によってはどの区分に当たるの?って感じることもあります。このページではよく質問のある用途についてご紹介します。

※消防署によっては判断が変わる場合がございますのであくまで参考にしていただき、最終的には管轄の消防署に確認されることをオススメします。

よくある!用途判定の疑問

横浜市を基準に記載しています。

① 学習塾は学校(7項)でいいよね?
② 美容室って何項?
③ 事務所って何項?
④ マッサージ店(風俗に関わらないもの)って何項?
⑤ 処方箋専門店は4項(物品販売店)?