菅原智也行政書士事務所

【対応地域】神奈川県・東京都
【営業時間】平日)9時~18時

飲食店の開業について

 これから飲食店を開業したい場合には、飲食店の営業許可を取得する必要があります。また、深夜(0時~6時)において酒類の提供を主として営業する場合は、深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書を提出しなければなりません。このページでは、それぞれの申請等に関する概要を説明します。

飲食店営業許可申請

 飲食店を開業し営業するには、開店する前に保健所の許可を取得する必要があります。許可を得ずに営業した場合は、罰則がございますのでご注意ください。
 開店するまでの大まかな流れは、①設備の確認②保健所との事前確認(任意)③申請書類等の作成④申請、検査日の予約⑤保健所による営業所の検査⑥営業許可書交付になります。申請後に、必要な設備等が備え付けられているのか確認のため保健所による実地検査があり、検査日において不備があった場合は再検査となります。

深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届

 深夜(0時~6時)に酒類の提供を主として営業する場合にはこの届出をしなければなりません。また、上記の営業許可書も取得する必要があります。ポイントは「深夜(0時~6時)」と「主として」です。この条件に該当しない場合は、届出は必要ありません。
 主としてですので、例えば牛丼屋やファミリーレストランなどはビールを提供するとしても主食を提供するお店になりますので、届出は不要ということになります。バーや居酒屋、スナックなどは必要になると思われます。