菅原智也行政書士事務所

【対応地域】神奈川県・東京23区
【営業時間】平日)9時~18時、土曜)14時~18時

相談方法について

無料相談の案内はこちら

無料相談の時間は30分になります。
希望される方は必ず事前にご連絡ください。
細かな内容はご連絡時に調整させていただきます。
相談内容は、あくまで行政書士が作成できる書類に係る相談になります。
・単なる法律相談は受け付けておりません。
・電話・メール等での無料相談は行っていません。(対面による)
・面談場所は基本弊所の事務所若しくは最寄り駅周辺になります。


無料相談内容は時期によって変更します!
ーー現在実施の無料相談ーー
①消防手続の相談
②外国人関係の相談

① 消防手続のご相談

<内容>
消防署への届出等は、専門的な知識が必要なうえ、建物ごとに内容が変わってくるので判断が難しいこともあります。
よくあるケースでは、消防署の立入検査で指摘された場合やこれから商売を始めたい場合などです。
そんな時にHPや消防署にお問合せをするなどして手続方法を知ることになると思いますが、なかなか一回では上手く行かず時間ばかりが過ぎます。
消防署で直接教わることもできますが、担当者によっては言っていることが多少違うこともあったり、細かなアドバイスまで教えてくれないこともあります。
一度教わって済めばまだ良いですが、何度も足を運ぶとなると精神的に疲れてしまいます。
手続の代表的なものでいうと『防火管理者選任届出書』や『消防計画作成届出書』があります。
これらは、多くの消防本部のHPで雛形をダウンロードできると思います。
ご自身で作成するとお気づきになると思いますが、用途って?、収容人員って?といった具合に分からないことがたくさん出てきます。
ちなみに用途とは、消防法施行令別表第一の表に掲げるものになります。(例えば、飲食店は(3)項ロなど)
また、収容人員も算定方法が決まっており、単に勤務されている人数で良いというわけではありません。
一つ一つお調べになることも大事なことだと思いますが、これらの手続だけに時間をかけてはいられないと思います。
弊所では、1時間ではございますが、無料相談を実施しておりますのでお気軽にご相談いただければと思います。
すべてのことを短時間で解決することは難しいですが、何か一つでもアドバイスできればと思っております。


【相談例】
・立入検査で指摘された内容について是正するためのアドバイスを聞きたい
・防火管理者の選任が必要かどうか
・用途の考え方や収容人数の算定方法 など

② 外国人関係のご相談

<内容>
主に在留資格(以下「ビザ」という)(ビザ:正式にはビザとは言いませんが慣習的に呼ばれているためここではビザとします。)や国際結婚についてのご相談になります。
今お持ちのビザの更新や本国から新たに外国人を呼び寄せたい場合、今あるビザを変更し新たなビザの取得をしたい場合などご相談に乗ります。
また、国際結婚を考えているがどのような手続きが必要になるのか、現在不安で一人では解決できないことなどお話頂ければと思います。
個別専門的なアドバイスについては正式に受任させていただいてからになりますが、一般的なご相談であれば「無料」で行います。
国際行政書士、申請取次の資格をもつ行政書士がお客様のお力になります。
いつでもお気軽にご相談ください。お待ちしております。